ホーム > 会社案内 > 企業理念

会社案内

企業理念

代田イズムを語り継ぐ

ヤクルトのはじまり

ヤクルトの創始者である代田稔が大学で医学の道を歩みだしたのは大正10年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、栄養状態の悪さから、赤痢などの感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、予防医学を志し、微生物研究の道に入ります。
そして、人の健康に役立つ乳酸菌が、おなかの中の悪い菌を退治することを発見、これをさらに強化し鍛えあげ『乳酸菌 シロタ株』が誕生しました。
そして代田は、人の健康維持に役立つ『乳酸菌 シロタ株』を一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に、安価でおいしい乳酸菌飲料を商品化します。昭和10年、乳酸菌飲料『ヤクルト』のお届けが福岡市で開始されました。

代田稔

代田イズム

代田は、病気になってから治療するよりも病気にかからないようにする『予防医学』、腸を丈夫にすることが健康で長生きにつながる『健腸長寿』、そして一人でも多くの人に手軽に飲んでもらいたいという考えから『誰もが願う健康を誰もが手に入れられる価格で』提供することを提唱しました。

【真心・感謝】【予防医学】【健康長寿】【誰もが手に入れられる価格で】

経営理念

すべての従事者が、①健康のすばらしさ、②人と人との豊かな絆、そして、③仕事をすることの楽しさ、を実感できる企業とする。

行動理念

  1. 創業の精神である「代田イズム」に立脚し、お客さまに支持される商品を、信頼される社員、笑顔いっぱいのヤクルトスタッフが、お届けすること。
  2. お客さまの期待に応えるだけでなく、ここまでやってくれるの、と言っていただける行動がとれる組織、をつくること。
  3. 地域すべての方にお会いして、健康のすばらしさをお話しし、毎日、ヤクルト商品を愛用していただけるようにすること。

西静岡ヤクルトのビジョン

「限りなく180万人のお客さまに、夢・愛、そして健康をお届けします。」

当社が担当する地域のすみずみまで、生活必需品としてのヤクルト商品を普及して行くことで、すべてのお客さまに、夢・愛・健康をお届けすること。
そして、すべての従事者が、幸せになること。
その夢を、カタチにする為のキーワードは、「背伸びして、おもいっきり手を伸ばせば、届くかもしれない」である。